お勧めアニメ「アオアシ」 プログラマーは言語化する大切さを知れ!

「潰すのは選手じゃない、スペース!」(8巻77話)

「後ろにいるからこそ…!前の選手の目になってやれる!見えないところを指示して…導いて点を獲る!」(8巻78話)

この言葉だけで実に面白く感じないだろうか。

 

Jユースの物語で 主人公は青井葦人(あおいあしと) ですが 
監督 も主人公的位置づけに読める。

サッカーの見方が変わる。素晴らしい漫画である。

プログラム初学者は必ず、
「質問することすらわからない」
という言葉を口にするだろう。

しかしこの言葉は、会話をシャットアウトする恐ろしい一言です。
逆に「相談することがたくさんありすぎるが何から説明すればよいかわからない」という心の悲鳴でもあります。
しかし諸先輩方が助けることができない。つらい言葉なのです。

プログラマーは仕事において、
先輩への質問やお客様への報告など自分の状況を伝えることによって、
仕事のスピードアップと当人へのスキルアップへつながる。

プログラムの世界でも自分のわからないところまたは問題点は、
「言語化しろ!」 の大切さをおしえてくれる一冊でもある。

とにかくプログラマーには読んでほしいアニメです

かならず、のめりこみますので超お勧めです。

『アオアシ』(小林有吾/小学館)は、架空のJリーグチームである、東京エスペリオンのユースチームが舞台。

Jリーグチームのジュニアチームの目的は、選手を育て、自分のチームにプロとして入団させるということである。

主人公は青井葦人(あおいあしと)。監督も主人公だと思う。

スポーツを言語化し伝える大切さが伝わってくる

 

「潰すのは選手じゃない、スペース!」(8巻77話)

「後ろにいるからこそ…!前の選手の目になってやれる!見えないところを指示して…導いて点を獲る!」(8巻78話)

 

この言葉とすごい。

 

「エラーでました。わかりません。」攻撃の方たちに見せてやりたいアニメです。

 

 

こんなもの見せられると秋葉原に行きたくなっちゃいます |д゚)

ほしいっす。

秋葉原行きたくなっちゃいます。

下記をご覧くださいね。↓

【コラボショップ】エロマンガ先生新商品も多数入荷しているだお!ほしい商品はあるだおか!?もちろんこれだけじゃないだおよ~!是非お店に来てね!!