docker 削除(docker-compose.ymlのvolumesセクションに書かれた名前付きボリュームとコンテナにアタッチされたanonymous volumeが削除)

Pocket

docker-compose down --rmi all --volumes --remove-orphans

downコマンドの特性としては、upコマンドと真逆のことをするコマンドということになる。つまり、upコマンドで作られうるもの(イメージ、コンテナ、ボリューム、ネットワーク)をすべて削除する。やり直しに有効なコマンドなのです

--rmiオプションは、削除するイメージの種類を指定する。allはすべてのイメージ。localはフィールドにカスタムタグのないイメージのみを削除する。--rmiオプションを省略すると、イメージは消されない。

--volumesオプションは、docker-compose.ymlvolumesセクションに書かれた名前付きボリュームとコンテナにアタッチされたanonymous volumeが削除される。

--remove-orphansオプションは、docker-compose.ymlで定義から削除されたサービス用の未定義コンテナも削除される。

0

Comments

comments