Laravel デバッグバーをインストール

Pocket

Laravelライブラリの追加方法

まずは composer でインストールします。


$ cd { laravel-project }
$ composer require barryvdh/laravel-debugbar

もし上手く composer でインストールができなかったらバージョンを指定してあげるといいです。


$ composer require barryvdh/laravel-debugbar:2.4

設定ファイル(config/app.php)の編集

2)サービス・プロバイダーの追加(config/app.php)

Laravelの設定ファイルである config/app.php にてサービスプロバイダーの項目にデバッグバーを追記します。


 'providers' => [
        :
  Barryvdh\Debugbar\ServiceProvider::class,
  ],

3)ファサードの追加(config/app.php)

Laravelの設定ファイルである config/app.php にてファサードの項目にデバッグバーを追記します。


  'aliases' => [
        :
     'Debugbar' => Barryvdh\Debugbar\Facade::class,
  ],

4).envファイルの編集

ローカル環境に置いてある .envファイル の APP_DEBUG の定数をtrueにします。


:
APP_DEBUG=true
:

envファイルを編集したら


php artisan config:cache

でキャッシュをクリアしてあげましょう。

5)動作確認

ブラウザを起動してビューの画面を確認します。

バグが発生したらlaravelデバッグバーを使ってデバッグ作業をしましょう。

今回は以上となります

Comments

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください