さくらVPNでの最新git2【centos7】再インストール手順

Pocket

目次 [隠す]

前準備

まず、すでに古いgitが入ってたら削除します。(さくらのVPSの場合デフォルトで1.8)

$ git –version
git version 1.8.3.1
$ yum -y remove git

次にgit2系用のリポジトリであるiusをインストールします。(qiitaの記事だとこれが古いパターンが多い)

git2.x用のリポジトリをインストールする。

# sudo yum install \
https://repo.ius.io/ius-release-el7.rpm \
https://dl.fedoraproject.org/pub/epel/epel-release-latest-7.noarch.rpm

実際にgit2系をインストール

前準備でインストールしたリポジトリ指定でgitをインストールする。

$ yum install git –enablerepo=ius –disablerepo=base,epel,extras,updates

ちなみにこれだとgit-2.24がインストールされるようです。2021/1現在git2.2系の最新は2.29なのでちょっと古いです。

が、マイナーバージョンアップなので多分問題ないです。

ちなみに他にもgit2.3系~git2.9系もありますがいずれも2017年くらいで更新が終わっているので、主流は2.2X系みたいです。

なので単純にバージョンだけ見て『git2.9が一番新しいじゃん!これにしよ!』と飛びつかないほうがよいです。

【参考】https://mirrors.edge.kernel.org/pub/software/scm/git/

このままだと依存関係のエラー発生

libsecret と pcre2 追加します。

$ yum -y install libsecret pcre2


$ yum install git –enablerepo=ius –disablerepo=base,epel,extras,updates

これでバッチリインストールできました。

まとめ

ポイントは不足しているパッケージを個別にインストールしてください。

2021.11.16現在ですが将来は、パッケージの組み合わせで異なってくるとはおもいますが、参考までに!

Comments

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください